伯方島に移住した私のまにまに日記

芸大卒業後に愛媛県伯方島に移住した22歳女のおしゃべりです。

7月、めっちゃ主張しますやん。

f:id:arisansun:20180702132929p:plain

 

こんにちは。

 

ついに7月に入って、我が家では、「どこまでクーラー使わないでおれるんや!」選手権を1人で開催しております。

暑い~すごく暑い~~・・・7月に入ったとたんに「おっす!オラ夏っ!」ってぐらい威勢がいい。主張が強い。

実家にも昔からクーラーが無く、夏場には「何でうちにはクーラーないのぉぉおおーーーー!!!!」と絶叫しながら扇風機と抱き合っていたおかげなのか何なのか、クーラー慣れしている人よりかは、多少は暑さにタフな気がしています。

ただ、「夏が待ってるから春が嫌い」と、春をも巻き添えにしてしまう程の夏嫌い。

汗っかきで日焼けしやすい私がソフトテニス部だった頃なんて、顔面がテンパリングしたチョコレートみたいに黒光りしていたんですよ。本当に。

 

でも、夏は夏で、なんとなくウキウキする私もいるんです。夏休み前みたいな気分で。

まず、茄子がおいしいでしょ。

みょうががおいしいでしょ。

素麺がおいしいでしょ。

あ、この前協力隊OBの川崎さんがやってる「みやくぼ島のダイニング」でランチしていたら、デザート(サービス!)に店の隣になっているびわに、ミントシロップをかけた涼しげな一皿を頂きました。

ということでフルーツもおいしいでしょ。(少しは夏バテしてくれ)

 

ちょっと前は、新たまねぎと新じゃが。今はインゲン、きゅうり。今日はレタスをもらいました。いただく野菜は、旬を教えてくれますね。自分で作ったら、もっと四季が楽しいだろうに。

 

そうそう、ツイッターをチロチロみていたら、作家の山崎ナオコーラさんが面白いコラムを書いておられました。

自信を持つには | よみもの.com

個人的に、青天の霹靂。自分に今必要なものは何かわかってきたような気がしました。

 

「自分を自分でコントロールできている」という実感が、人に自身をつける、という内容だったのですが、私はダイエットも、ブログも、趣味も長続きしないし、一日の中で「これだけは決まってこの時間にする」という取り決めもなく、何かを続けることも禁じることも今まで成功した試しがないのです。ぜーんぶ、気の赴くまま。私の大きな弱点であることに、これを読んで改めて気づいてしまいました・・・・

 

プロボクサーの井岡が「俺はこんだけ練習してるんやぞ!っていうんが自信になるんです」と昔テレビで言っていたのを思い出しました。

確かにそうだ。誰にだってそういう経験はあるはず。

それを、自分の生活の枠の中で実践していくことは、井岡の激しいトレーニングに比べたら屁でもないっていうのに。どうしようかな。

 

協力隊卒業後のことも含めて、自分の課題が見えてきた有吉です。