伯方島まにまに日記

芸大卒業後に愛媛県伯方島に移住した23歳女のおしゃべりです。

プレイバック、平成最後の夏。

我々がヤングである証明的に存在していた平成も、ついに「前時代」へと移行していくのだそうです。ほぉ・・・

私が中学生の頃に彗星の如く舞い降りたジャニーズグループHey!Say!JUMPも元々ダサいグループ名に拍車がかかるってもんです。

 

さて、誰かが「平成最後の夏」なんて言っていました。

酷暑の中、さっさとどこかに消えてくれと思いながらも、夏が過ぎていくのは青春の終わりのようでちょっと寂しい。

それでもこの夏を振り返ると、毎週末、島に友人が来たり、遠くに出かけたり、父の田舎に帰ったり、とても充実していました。

彼らが島に来たのも、静岡でキャンプしたのも、さくらももこが亡くなったのも、平成最後の夏。と覚えておこう。

 

f:id:arisansun:20180904090328j:plain

 

お盆中ビラを配りに、伯方島の「旅館せと」さんにいくと、前の海でシュノーケリングをしている子供達。

なんと気持ち良さそうな・・・・

しかし、ここ、潮の流れがとても早そうだから少し心配になるなぁ、なんて考えながら、ぼんやり夏休みを感じてしまう午後。

 

 

f:id:arisansun:20180904091552j:plain

 

伯方島玉屋さんのパフェは、大学の版画研究室の頃の友達と。

ずっと食べたかったけど、

なかなかタイミングがなく。

天気のいい日にテラス席(死ぬほど暑い)で食べました。

友達のと私のでは、中のアイスの味が違う仕様だったので、お互いのパフェにスプーンを突っ込んで味を分かち合いました。笑

どっちもフレッシュなフルーツ味で美味しい!

コーンフレークが入っていないのもよいと思います。

その代わりに、というか私には何なのか分からなかったけど、スイカバーの種みたいな食感のカリカリした粒が入っていて、たまにカリッとして不思議。美味しいです。

 

夏の間に食べれてよかった〜

 

f:id:arisansun:20180904093415j:plain

 

こちらは、夕焼けの亀老山でおしゃれな写真を撮ろうと躍起になっていた私。

この直後、GUで980円で購入したこのブラウスが裏表ひっくり返しにきていることがピロっと飛び出すタグによって判明し、千葉から来た友達のさとし(♀)に

「女子力がマイナス5000なんだけど!!!(爆笑)」

と、荘厳な風景をバックにゲラゲラ笑われる私・・・。

 

平成最後の夏・・・・

もうどうにでもなれ・・・。

 

以上、プレイバックでした!